なぜ私たちは歴史を学ぶのか? history(彼のものがたり)

「日本のこと」コラム第一回目の本日は、

私達は『なぜ歴史を学ぶのか』について。

現在、学校での歴史は、

西暦何年にこういうことがあったよ~

という 歴史のパーツを習います。

ですが、そこにどんな物語があったのか、

その時生きた人たちは何を想い、

何を後世に残そうとしたのか。

その延長線上に生きる私たちは

ストーリーを知りたいと思うのです。

歴史は、history。

日本はどのような歴史の変遷をたどって

現在の日本に至っているのでしょうか。

このことは、 これから私たちがどんな未来の日本を描き、

次世代にどう繋いで行ったらいいのか?

それを考える、大切なファクターとなります。

歴史は国民のアイデンティティを形成するといいます。

「日本という国はこういう国だよ~」 ということを、

子どもたちに伝えるのが歴史だとしたら、

あなたは日本の国柄をどんなふうに伝えますか ?

そして、どこまで知っていますか?

一つ確実に言えることがあります。

それは、日本という国は、

始まりのその時から

天皇という1本の糸によって

全てのパーツが繋がってきているということ。

これは、皇国史観などという 考え方では、決してありません。

どうやって日本という国は2681年前に生まれたのか。

日本という国が目指してきたものは何だったの?

そこを知るには、

その糸を手繰らなければ 辿り着けないからです。

自分のルーツを知らなければ、

私たちのアイデンティティは形成しようがありません。

1本の壮大なストーリーとしての歴史を知ることでき

私達自身の誇りを生み、

アイデンティティを育む歴史。

それが、世界に飛び出しても、

堂々と胸を張って日本人として頑張れる

そんな指標になって行くのだと思います。

歴史は、ストーリー。

これから、その壮大なストーリーを見つめ、

皆さまと一緒に楽しみつつ 学んで行けたらと思います。

#日本のこと コラムは、 毎月5日に投稿させて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる