マナー・モードは和製英語

早速ですが、

「マナー・モードが和製英語」

って知ってました? 

知っていたとしても、

「なんでか」

って考えたこと、

ありますか?

日本では、

電車やバスで携帯電話を

使うのを控える文化があるから、

「車内では静かにするのがマナー」

だから、

「マナー・モード」が

「静かにすること」

とイコールになる。

だけど、

英語圏では、

「静かにすることがマナー」

とは考えないので、

わざわざ

「静かなモード=サイレント・モード」

と言うんです。

たった一つの言葉でも、

そこには文化的違いがあるんですね。

言葉とは「文化そのもの」

日本では

当たり前のことも、

世界の他の国では、当たり前じゃない。

そこにいい悪いはなくて、

意識の違いがあるだけ。

その「違い」を知ることで、

自分の世界が広がると思うんです。

そのためにも、

母語である日本語ってどんな言葉か、

まずは大人である私たちが知ることで、

子どもたちに伝えていきたい。

そう思っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる