母語で、世界の見方が決まる?!

今日は、

「言葉は、心を作る。」を

テーマに書いていきます。

まずは、

こちらの短歌、

覚えていますか?

(若い方は知らないかな・・・)

  「寒いね」と

  話しかければ

  「寒いね」と

  答える人の

  いるあたたかさ

約35年前に流行った

俵万智さんの「サラダ記念日」

の中の一首。

先日訪れた図書館で

俵さんの特集を開催していて、

久々に思い出しました。

「寒いね」

という、たった一言だけれど、

そこに

「共に感じる=共感」

があると思いませんか?

それに対して、英語は、

話し手とそれ以外を

切り離す思考が

基本になっているから、

そこに共感は

生まれにくいと

思うんです。

いい悪いではなく。

同じ状況を見て

同じように感じる。

そうした

「日本語の共感の力」が

日本人の心を作っている。

そう思うんです。

もちろん、

無理に自分と違う意見に

合わせる必要はないです。

だけど、

共感できる心は

大事にしたい。

それが世界を平和にすると思いませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる