第3回 親子イベント(お彼岸編)『日本をご先祖さまから知る』

日時:2022年3月6日

場所:三富今昔村(埼玉県所沢市)

今回は、

静岡県沼津市より、

金剛寺住職の水田真道師をお呼びして、

「お彼岸」について

お話していただきました。

水田住職は、

姿こそ、坊主頭に袈裟姿で、

いわゆる「お坊さん」スタイルでしたが、

取り出したのはパソコン。

それもそのはず、

水田住職は、理系出身。

仏教をよりわかりやすく知ってほしいという想いから、

「パワポ説法」

と自ら名付け、

視覚に訴える講座をされているんです。

そして、

この日の最初の質問は

「死んだらどうなる?」

1. あの世に行く。

2. 無になる。何もなくなる。

3. わからない。

答えは、

「1. あの世に行く。」

あの世とは、

仏教の世界では「彼岸」と言います。

でも、小さい頃、

死んだら「天国」に行くって

聞きませんでした?

水田住職いわく、天国は、キリスト教の世界での話。

仏教では

死んだら「彼岸」に行きます。

その彼岸とは

「仏様の世界」のこと。

仏様の世界って

遠いような気がしますが、

実は!

生きているものは、

もともと「仏」なんです。

それが、

生きていくうちに

欲や道徳にまみれて、

仏性が隠れてしまうんです。

だから、

欲や道徳を取り除くことで、

仏になれる。

座禅や修行はすべて、そのため。

生きながら、「彼岸=あの世」に行くのが

お坊さんの世界。

水田住職の言葉で印象に残ったのは

「彼岸は自分の中にある」

という言葉。

だから、

彼岸は、遠い世界ではないとのこと。

さすがに、

一般人である私たちが

お坊さんの境地にいたることはできなくても、

お彼岸には、

もともと自分の中にある仏を

意識してみるのもいいのではないでしょうか?

そして今回は、

親子での参加ということで、

子どもからは様々な質問が出てきました。

「なんで、髪の毛を剃るの?」

という素朴な疑問から

「得意なスポーツは?」

と、お坊さんを身近に感じる質問まで。

普段の生活では触れることのない世界を体験することで、

子どもたちの世界が

少しでも広がったのでは?

と思う瞬間でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる